トップページ >> 活動報告

こんにちは!

今日は、先月行われた松本大学「あるぷすタウン」についてのご紹介です。
今回は、実行委員の一人で、僕らとやりとりしていただいていた方に直接、皆さんから送っていただいた本をどのように活用したのか、書いていただきました!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

子どもたちが創る街 「あるぷすタウン」

はじめまして!松本大学あるぷすタウン実行委員の稲井です。
何故バリューブックスさんの運営するブログを松本大学の学生が書かせて頂いているのか、そもそもあるぷすタウンとは何なのか。不思議に思っている方がほとんどだと思いますので、説明からさせて頂きますね。


「あるぷすタウン」とは、子どもたちが創りあげていく街であり、長野県にある松本大学の地域づくり考房『ゆめ』が主催している取り組みです。あるぷすタウンの目的は、現実にある企業の方達等に協力して頂いて参加者である子どもたちが実際に仕事をし、「 yume (ユーメ)」という地域通貨で給料をもらい、税金を納め、残ったお金を自分の為に使うという一連の流れから社会の仕組みを知ってもらう事です。また、実行委員である学生が社会人基礎力を身に付け、社会の担い手としての自覚を育む事もあるぷすタウンを開催する目的の一つです。


このあるぷすタウンは 2017 年 2 月 18 日、 19日に第 3 回目を開催し、子どもたちが実際に体験できる仕事の一つ、「本屋」のブースをバリューブックスさんに協力して頂いたのが、私がこのブログを書かせて頂いているきっかけです。


さて、何故私がブログを書かせて頂いているのか、あるぷすタウンとは何なのかを分かって頂けたところで、第 3 回目のあるぷすタウンがどのようなものだったかをお伝えしたいと思います。


まず当日までの準備。

子どもたちに本を売る仕事を体験してもらう為に、そして稼いだお金で本を買ってもらう為に、なんと 205 冊もの本がバリューブックスさんから届きました!私もわくわくするくらいたくさんの本がありました。
image1.JPG

本屋の看板です。本を模してあり、お店の名前は「あるぷすブックス」でした。
image4.JPG

そして当日!

入り口に設置したアーチが子どもたちをお迎え。

image3.JPG

仕事をする子どもたちは接客や販売だけでなく、本を買った子にプレゼントする為のしおり作り、ポップ作りもしました。


image13.JPG


子供達は自分の稼いだお金で自分の気に入った本を買う為に、手に取りじっくり吟味していました。中には「弟へのお土産にする」「お母さんにプレゼントしたい」と買っていく子もいました。

2 日間で延べ 445 人の子どもたちが参加し、そのほとんどが楽しかったと回答してくれた第 3回あるぷすタウン。


本屋に仕事に来た子どもたちもみんな楽しそうに、けれどしっかりと仕事をしていました。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆様に送っていただいた本で、こんな面白い活用をして下さり、またとても素敵な文章を書いて下さった松本大学あるぷすタウンの皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました!


※写真提供 松本大学あるぷすタウン

こんにちは!
段々と過ごしやすい気候になってきましたね!
僕らの拠点のある長野県では、
そろそろ冬用タイヤを履き替える人も出てきました!

今回は、現在新しい寮を建設中の、侍学園の教室の本棚の入れ替えです!
16650193_787797624706335_906025304_n.jpg
前回ご紹介したサポートステーションシナノを運営していたり、焼き鳥屋さん(!)やバーも運営している侍学園さん。
今回は、以前にbookgiftとして提供した本の入れ替えをしました。
16651718_787797684706329_1931465182_n.jpg
侍学園の理念「自らの進むべき道を探すための学び舎」
にお役に立てるように、お互いの得意な部分を組み合わせて、もっと皆様から送っていただいた本を活用できるように、色々実験していく事になりましたので、
進展をまたこちらで報告させてくださいね。

それでは!

新年明けましておめでとうございます!
本年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。


今回は、12月のお話ですがブックギフトの支援をさせていただいている侍学園が、厚生労働省委託事業として行っている若者の職業的自立をサポートしている若者サポートステーション・シナノ(以下侍学園)と、僕らの拠点がある長野県上田市の近く、長野県佐久市にある地球環境高校に、本を活用して、また僕らの取り組みについての授業を高校2年生と3年生にしに行った様子を紹介させていただきます。


〜経緯〜

地球環境高校さんとの取り組みは侍学園さんが11月から行っているのですが、今回はサポステシナノさんの担当者の方に、僕らバリューブックスがどんな会社で、この本がどういう流れで手元にきているのか、また、私個人の今までの仕事観等を授業の中でお話したいと相談を受け、僕らもお役にたてるのなら是非!と意気投合し今回こういった形でのブックギフトが実現できました。


〜当日の様子〜

DSCF7044.JPG


初めての経験で不安もありましたが、サポステシナノさん、地球環境高校の先生、なにより学生の皆さんのいい雰囲気の中で、僕らの仕事や、ブックギフトがどういう活動なのか、本を読む事について等、じっくりお話する事ができました。


DSCF7060.JPG
先生や、学生の皆さんのリクエストで、本を次に会うときまで貸し出そう!という事になり、普段あまり本を読まない、と言っていた学生の皆さんが本を選び、友達と本の事で話している姿がとても印象的でした。
また次回会えるのがとても楽しみです!


地球環境高校さんの方でも、今回の授業の記事を書いてくださっているので、こちらでも紹介いたします。リンク


皆様から送られた本を、もっと活用できるよう今年も張り切っていきますので、宜しくお願いいたします!

※写真提供:地球環境高校

今回は少し遅くなってしまいましたが、10月23日に行われた毎年恒例の、学童保育施設「トットの家」のバザーの様子を紹介させて頂こうと思います!


〜トットの家?〜
以前のエントリーで紹介させて頂いた学童保育「バッタの家」の近くの学童保育施設で、どちらの施設もブックギフトの支援をさせていただいております。


〜当日の様子〜
僕らは当日参加出来なかったのですが、担当の方のお話によると
今年も盛況で、学童保育の親御さんや、近隣にお住いの方300人以上の方にご来場頂くことが出来ました。
ブックギフトのバザーの方も、300冊以上の本を次の読み手の方に繋ぐ事が出来ました。


今回の売上は子供達が日々使用する備品の購入に充てられます。


何より一番の収穫は、子供達が喜んでいたという担当の方の感想が聞けた事です!
子供達が本との出会いを楽しんでいる姿を想像するだけでとてもワクワクしてきますね!
PA230129.JPGのサムネール画像

ご来場の皆様、トットの家のみなさん、ありがとうございました&お疲れ様でした!

※写真提供「トットの家」

10月の29、30日に伊那市立図書館にて開催された一棚古本市に、
古本のチャリティ販売で参加してきました!
(僕らは29日のみの出店です。)

〜一棚古本市?〜

一棚古本市とは、図書館の除籍本の無料配布のイベントに合わせ
80年もの間、旧上伊那図書館で実際に使用していた書棚を使用して
(とても味のある素敵な書棚でした!)
地元、近隣の古本屋さんや、伊那市立図書館で勤務していた方が古本を持ち寄って出店するイベントです。
僕らは沢山本を持って行ったので一棚では収まりませんでしたが、、
本を通じて地域の方や、図書館の方との交流が盛んなのが印象的なイベントでした。
14610975_1105609552888012_1397085022872616667_n.jpg


〜当日の様子〜

当日は朝から除籍本の配布を心待ちにしている方の列がブースの入り口から続いており、開始と同時に皆さんお目当ての本を探していらっしゃいました!
また、お目当ての本を探し終えた方や、探している方のご家族が一棚古本市のブースを覗いて、除籍本のところには無かった本や、「この本気になっていたけど今日出会えたから読んでみるね」「たまたま読もうと思っていた本があった!」等、本との出会いが沢山産まれるとても楽しいイベントでした!

14633092_1105609862887981_4792652549416084764_n.jpg


沢山の方にご来場頂いて、1日で143冊、21,850円を売り上げる事が出来ました。この売上は陸前高田の図書館を再建する「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」に諸経費を除いて寄付いたします。
※「陸前高田市図書館ゆめプロジェクト」の詳細はこちら


ブックギフトの活動を通じて、皆様が大事にされてきた本を、1冊でも多く次の持ち主さんへお届けして、本と人との出会いの場を沢山作って行きたいと改めて感じるとても素敵なイベントでした。

伊那市立図書館の方や、ご来場頂いたお客様、ご協力ありがとうございました!

1  2
3
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31